リプレイスファクター公式サイトはこちら

今すぐに現金が必要な時、なんとか現金を回して行きたい…けれど借金をするのは嫌だ…と思ったことはないでしょうか。

そんな時におすすめなのが、立て替え経費を現金化してくれるリプレイスファクター。

リプレイスファクターは、会社や取引先の経費を立て替えた金額を即現金化してくれる、新しい形の資金調達システムです。

今回はリプレイスファクターの仕組みや利用方法などについてご紹介します。

サービス名

リプレイスファクター

システム

経費精算ファクタリング

現金化できる内容

交通費・通信費・その他経費

現金化までの時間

最短15分

審査までの時間

最短5分

土日祝日

対応可能

営業時間

10:00〜20:00

会社や取引先への報告

不要

こんな悩みがありませんか?

  • 経費の精算日前だけど急な金欠になってしまった
  • 急な出費が入ってしまったけど、金融ブラックなのでカードローンが利用できない
  • お金に困っていると思われたくないから「経費を早めに精算して欲しい」と会社に頼めない

急にお金が必要になった時に「あの立て替えした経費が戻ってきたら間に合うのに」と思ったことはありませんか?

そんな人におすすめなのが、リプレイスファクターの経費精算ファクタリングシステムです。

リプレイスファクターって何?

リプレイスファクターは、勤務先や取引先の間で経費の立て替えをしている場合、未請求の経費を現金化することができる経費精算ファクタリングサービスです。

ファクタリングは金融機関などの融資とは違い、利用することで借入の履歴が残ることもありません。

また、金融ブラックの人や借入総量規制に引っかかっている人でも申し込みをすることが可能です。

ファクタリングってそもそも何?

最近話題のファクタリングとは、まだ精算されていない未請求の請求書をファクタリング(買い上げ)してもらうことで現金を調達することができるシステムです。

ファクタリングは、売掛金・売掛債権の譲渡とも言われることがあります。

ファクタリングと融資の違いは?

ファクタリングサービスと銀行などから受ける融資の違いは、次の項目になります。

  • 時間
  • 担保
  • 手数料や金利の違い

詳しく説明します。

時間の違い

ファクタリングの場合は、立て替え経費を最短で即日現金化することが可能です。

銀行の融資の場合は、申し込みをしてから1ヶ月ほどかかる場合が多いのですが、ファクタリングサービスの場合は対面不要で、web上のやりとりだけで完結する場合も多いです。

そのため、ファクタリングの申し込み後に即日で現金が振り込まれることも多く、急を要している場合にはとても重宝するサービスです。

担保の必要性

銀行で融資を受ける場合は、担保が必要になる場合が多いのですが、ファクタリングサービスの申し込み時に担保は不要です。

手数料と金利

ファクタリングの場合は、立て替え経費を現金化する際に手数料が発生します。

銀行の場合は、借入金に対しての金利が発生します。

リプレイスファクターで請求できる経費ってどんなものが対象?

リプレイスファクターで現金化できる経費は、領収書や経費精算書があるものだったら基本的になんでもOKです。
請求できる経費の内容について、具体的にどんなものなのか説明します。

  • 交通費
  • 通信費
  • 携帯代

これらの立て替え経費って、積み重なればかなりの金額になります。しかしリプレイスファクターであれば、入金されていない請求書を売掛金として売却し、すぐに資金を調達することができます。

リプレイスファクターは2社間ファクタリングだから安心

リプレイスファクターは、自分(借入側)とリプレイスファクターとの2社間のファクタリングなので、経費を立て替えしている取引先や会社にファクタリングを知られることはありません。

もちろん、自宅に書類が届くこともありませんし、会社に在籍確認の電話がかかることもありません。

リプレイスファクターは、誰にも知られることなく資金を調達することができる画期的で安心なシステムなのです。

資金調達(現金化)までは3ステップ!

リプレイスファクターは、現金化されるまでのステップが3つというシンプルさも魅力のひとつです。

経費を立て替えしている場合は、通常会社や取引先へ請求書を発行し、取引先から現金が支払われます。

ここでまだ取引先への請求がされていない場合は、リプレイスファクターが未請求分を「売掛金」として買い取ることができるのです。

なので、自分は会社や取引先から支払われてから、手数料を引いた金額をリプレイスファクターへ入金するようになります。

リプレイスファクターを利用する際の流れをチェック

新しい資金調達方法として注目されているリプレイスファクター。実際の申し込み方法や審査の流れなどを説明します。

①申し込み

リプレイスファクターの公式サイトの【お申し込みフォーム】から手続き

②必要書類を提出

利用審査の開始のために必要な書類を提出します。

③利用のための審査

立て替え経費の現金化が可能かどうか審査をします。最短で5分のスピード審査なので、合否がすぐにわかります。

④契約

審査に通ったら、電子契約書で契約します。

⑤立て替え経費を現金化

契約が無事に終わったら、立て替え経費が現金化されて、指定した口座に振り込みされます。ここまでは最短で15分程度で完結します。

⑥弁済

会社や取引先から立て替え経費の支払いがあったら、契約書に書かれている期日までに、リプレイスファクターの指定口座まで弁最近を振り込みします。

ファクタリングを利用した方が良いのはどんな時?

急な資金調達を迫られた時に役立つファクタリングですが、次のような場合もファクタリングサービスの利用がおすすめです。

立て替え経費の入金まで日数がかかる場合

立て替えた経費の精算が終わり入金されるまでは、1ヶ月〜2ヶ月かかる場合もあります。その間資金繰りがうまく回らなくなった時など、立て替え経費の現金化ができるファクタリングが役立ちます。

リプレイスファクターであれば、申し込みをしたら即日現金化することも可能です。

融資の手続きでは間に合わない時

資金を調達しようと思った時、銀行などの金融機関から融資を受けようと思ったら、まず審査に通らなければ貸してもらえません。

しかし、通常はこの金融機関の審査にかなりの時間を要してしまうため、急いで資金調達したいと思っている時には間に合わない場合もあるでしょう。

急に現金が欲しい時は、最短で即日現金化できるファクタリングサービスのリプレイスファクターを利用すると良いでしょう。

融資を申し込めない理由がある時

急に資金が必要になったけれども、金融機関からの融資を受けることが難しい場合もあります。

例えば、銀行や自治体の融資を申し込んだけれど断られてしまった人、融資を受けるための保証人が見つからない人、融資を受けるための担保がない人などは、ファクタリングサービスのリプレイスファクターを活用することをおすすめします。

リプレイスファクターを利用する際の手数料は?

リプレイスファクターは、利用する際に手数料を支払うことになります。

利用手数料は、業界最安水準と言われる20%〜。

例えば、立て替え経費が10万円であった場合、手数料が20%の場合は、10万円の20%である2万円が引かれることになります。そのため、自分の口座に振り込まれる金額は8万円です。

リプレイスファクターを利用すると手数料が発生しますが、素早く資金を調達することができることや、借入情報にならないことなど、メリットは大きいと言えるでしょう。

まとめ

交通費や通信費などの経費立て替えした経費を即日現金化することができるリプレイスファクターについてご紹介しました。

  • 現金化まで最短で15分
  • 在籍確認不要
  • 金融ブラックの人もOK
  • 毎日夜8時まで営業(土日も同じ)

リプレイスファクターは、誰にも知られずに未請求分の精算金額を現金化することができます。

融資とも違う新しい形の資金調達方法であるファクタリングを利用する際は、リプレイスファクターがおすすめです。

やりとりは全てオンライン上ですみますので、スピーディーに現金化することができますよ。

リプレイスファクター公式サイトはこちら

リプレイスファクターの経営者情報

運営会社

株式会社FOUR VALLEYS

会社所在地

 東京都中野区弥生町2-21-6

電話番号

03-5308-2655

営業時間

10:00~20:00(土日営業)

メールアドレス

contact@replace-factor.com