iPhoneの買取ならココ!i-Market(アイマーケット)についてご紹介

iPhoneを買い取ってもらいたいけど、どこで依頼すれば良いか分からない。

査定に時間がかかる場合が多いけど、すぐに現金が欲しい。

できるだけ良い価格で買い取ってもらいたい。

そんな方には、i-Market(アイマーケット)がおすすめです。

この記事では、実際にi-Market(アイマーケット)を利用した私が、サービスの概要やおすすめする理由について解説いたします。

i-Market(アイマーケット)とは?どんなサービス?

i-Market(アイマーケット)とは、どこよりも素早くiPhoneの買取を行うサービスです。

業界最高水準の買取価格とスピードで、分割支払い中でも買取可能です。

独自のジャンク相場によって、画面割れ等があっても高額で買取してもらえます。

スタッフの対応は親切かつ丁寧です。

不明点があれば教えてもらえるため、初めてでも安心して利用できます。

手元にあるiPhoneの写真を送るだけで、すぐに買取査定がスタートし、即日最短15分で現金化してもらえるという驚きのスピード感です。

どうしてもすぐに現金が必要な方にとっては、最適なサービスと言えます。

i-Market(アイマーケット)を運営するのは、株式会社LSTです。

代表者は佐藤和成さんで、資本金は700万円あります。

東京都公安委員会発行の古物商許可証を受けた、正規の買取事業者ですので安心して買取を依頼できます。

i-Market(アイマーケット)公式サイトはこちらまで!

i-Market(アイマーケット)をおすすめする5つの理由

私がi-Market(アイマーケット)をおすすめする5つの理由について解説いたします。

①業界最高水準の買取価格

1つ目の理由は、業界最高水準の買取価格であることです。

最低買取価格が高く、iPhone11なら25,000円、iPhone11proなら27,000円、iPhone12なら30,000円となっています。

これだけ高額で買い取ってもらえることが保証されているため、まずは査定だけして判断するという手間が省けます。

もちろん、査定後に買取を依頼するか判断しても問題ありません。

i-Market(アイマーケット)が業界最高水準の買取価格を保てるのは、日本をはじめ、海外でも独自の販売ルートを確立しているためです。

自社利益を優先する業者が多い中、顧客ファーストで買取を行う貴重な存在です。

②査定料がかからない

2つ目の理由は、査定料がかからないことです。

査定だけなら無料なのは当たり前と思う人もいるかもしれません。

しかし、中には査定をしたら必ず買取を依頼しなければならなかったり、査定だけで手数料を取ったりする業者がいます。

そういった業者と比較すると、i-Market(アイマーケット)は顧客に優しいサービスと言えます。

iPhoneを何台査定してもらっても無料ですので、安心して依頼しましょう。

③専門の査定員が常駐

3つ目の理由は、専門の査定員が常駐していることです。

知識がない素人同様の業者に、大事なiPhoneを買取されるのは避けたいものです。

i-Market(アイマーケット)では、そういった心配は不要です。

常にマーケット調査を行っている専門知識を持った査定員が買取するため、不適切な価格を提案されることはありません。

相場の最新情報を踏まえて、ベストな価格で買取を行うのです。

④即買取、現金払い

4つ目の理由は、即買取して現金払いしてくれることです。

買取の方法はいくつかありますが、どれを選んでも、契約成立後すぐに現金が銀行口座に振り込まれます。

即日最短15分で現金化してくれる業者は、どこを見渡しても他にありません。

とにかくすぐに現金が欲しい人にとっては、嬉しいサービスです。

⑤買取方法を自由に選べる

5つ目の理由は、買取方法を自由に選べることです。

郵送買取、店頭買取、そして独自のフォトキャッシュという買取方法があります。

どれを選んでも高価格で買い取ってもらえますが、現金化までのスピードが異なります。

何を優先させるかを考え、自分に合った買取方法を選びましょう。

i-Market(アイマーケット)公式サイトはこちらまで!

買取方法について

それぞれの買取方法について解説いたします。

独自の買取査定「フォトキャッシュ」

フォトキャッシュは、i-Market(アイマーケット)独自の買取査定です。

不要になったiPhoneをオンライン上で簡単に査定してもらえます。

店頭へ出向く必要がなく、時間がかからないため、忙しい人にぴったりです。

買取査定は最短15分で終了します。

利用方法は簡単で、売りたいiPhoneの写真を撮って送信するだけです。

買取代金は即日で先払いしてもらえるため、すぐに現金が手に入ります。

その後、7日以内にiPhoneを発送すれば買取手続きは全て完了です。

手間と時間をかけず、最も早く現金化できるのがフォトキャッシュです。

郵送での買取査定

郵送での買取査定も可能です。

商品が郵送されてから査定が開始されるため、スピード感はあまりありません。

店舗に届くまで数日程度はかかりますので、現金化までに最低でも2、3日は必要だと考えておいた方が良いでしょう。

しかし、フォトキャッシュを利用する場合よりも、買取査定額が高くなる傾向があります。

そんなに急ぎではなく、できるだけ高額で買い取ってもらいたい人にはおすすめです。

また、銀行振り込みの他に、店頭で現金支払いしてもらうことも可能です。

銀行手数料を節約したい人は、現金支払いを選択しましょう。

店頭での買取査定

店頭での買取査定も可能です。

郵送の場合と同様に、買取査定額が高くなる傾向があります。

電話で予約を取り、指定日時にiPhoneを持っていけば、その場で現金を受け取ることができます。

フォトキャッシュよりも高い価格で買い取ってもらえて、郵送よりもスムーズに手続きを進められます。

そのため、できるだけ高い査定額が望ましいけど、あまり手間もかけたくないという人におすすめです。

支払い方法は、銀行振り込みと店頭支払いのいずれかです。

「フォトキャッシュ」を利用する流れ

続いて、フォトキャッシュを利用する流れについて解説します。

WEBサイト上から申し込む

まずは公式WEBサイト上から申し込みます。

申し込みフォームに必須項目を入力して送信すれば完了です。

入力する内容は、下記のとおりです。

・機種
・商品の状態
・名前
・性別
・婚姻状況
・住所
・住居状況
・毎月の家賃及びローン金額
・携帯電話番号
・メールアドレス
・勤務先本社名
・雇用形態
・勤続年数
・勤続先の従業員数
・休み
・月額給与金額
・給料日
・休日の給与振込
・賞与
・健康保険加入状況

全てオンライン上で完結するため、その分入力しなければならない情報が多いことに注意してください。

その後、買取査定のやり取りをするために、i-Market(アイマーケット)のLINEアカウントを友達に追加します。

フォトキャッシュを利用するのが初めての場合、下記の書類が必要です。

・身分証明証(運転免許証、マイナンバーカードなど)
・健康保険証
・給料明細書(直近2ヶ月分が必須)
・銀行口座明細(直近2ヶ月分の給与振込を確認するため)
・IDセルフィー(身分証明証と本人が写った写真)

すぐには用意できない書類もあるかと思いますので、申し込む前に準備しておきましょう。

iPhoneの写真を送る

次に、iPhoneの写真を送ります。

LINE上でi-Market(アイマーケット)のアカウント宛に送信し、同時に必要書類も提出します。

提出後、すぐに査定額が送られてくるため、納得できる場合はそのまま手続きを進めてください。

納得できない場合、その場で取引を終了しても問題ありません。

しかし、i-Market(アイマーケット)の買取金額は業界最高水準です。

他で売るよりはi-Market(アイマーケット)で売った方が得だということを頭に入れておきましょう。

買取代金を受け取る

査定額に納得できる場合、そのまま手続きを進めます。

手続き完了後、最短15分で銀行口座へ買取代金が振り込まれます。

利用するまでそんなに早く入金されるのか疑わしい部分もありましたが、実際に15分前後で振り込まれ、非常に驚きました。

ここまで早いスピードで現金を入手できる手段は他にありません。

7日以内にiPhoneを発送する

現金が振り込まれたことを確認したら、手続き完了日から7日以内にiPhoneを発送します。

先に入金があると、安心してつい忘れてしまいそうになりますが、必ず送ってください。

お金を受け取ったにもかかわらず期限以内にiPhoneを発送しなかった場合、勤務先などに連絡される可能性がありますので気をつけてください。

即日現金化してくれたことへの感謝の気持ちを示すためにも、できるだけ早くiPhoneを発送しましょう。

i-Market(アイマーケット)公式サイトはこちらまで!

フォトキャッシュを利用するメリット

フォトキャッシュを利用するメリットとしては、次のようなものがあります。

金融ブラックでもすぐに現金を入手できる

1つ目のメリットは、金融ブラックでもすぐに現金を入手できることです。

金融ブラックとは、金銭トラブルによって信用を失っている状態です。

すぐに現金が必要で消費者金融などを利用する場合、金融ブラックの人はお金を借りることができません。

基本的に全ての金融取引は記録に残るため、お金を返していないという情報が相手に伝わってしまうのです。

友人や知人などからお金を借りるのも難しいでしょう。

そういった状態だとしても、現金が必要になる場面があるかと思います。

例えば、友人の結婚式です。

祝いの場でお金を払えないのは、社会人としてあり得ません。

祝儀を渡さないという選択肢はありませんので、そういった場合にはフォトキャッシュを利用しましょう。

金融ブラックの人でも、即日で数万円を用意できるのは大きなメリットと言えます。

借金にならない

2つ目のメリットは、借金にならないことです。

フォトキャッシュは、あくまでiPhoneの先取り買取システムです。

借金ではなく、iPhoneという商品を受け渡す対価として、先に現金を貰うというものです。

したがって、借金はしたくないものの、どうしてもすぐに現金が必要な人には最適と言えます。

在籍確認が不要

3つ目のメリットは、在籍確認が不要なことです。

緊急でお金を用意する際、あまり人に知られたくないという心理が働くのは当たり前です。

特に家族や会社の同僚などには、バレないようにしたいのではないでしょうか。

自宅や会社への在籍確認の連絡はありませんので、安心してお金を用意することができます。

i-Market(アイマーケット)を利用する際の注意点

i-Market(アイマーケット)を利用する際には、いくつか注意点があります。

キャンセルすると高い手数料がかかる

1つ目の注意点は、キャンセルすると高い手数料がかかることです。

フォトキャッシュを利用すると、すぐに契約が成立し現金を入手できるため、その分キャンセル料が高く設定されています。

契約成立後にキャンセルする場合、買取代金の返金と同時に、買取金額の40%以上の支払いが必要です。

例えば、急に現金が必要になったため、iPhoneを3万円で買い取ってもらい、すぐに入金された場合です。

その3万円はやはり不要と分かり、キャンセルしてiPhoneを返してもらうとなると、キャンセル料は3万円×40%で1万2,000円になります。

さらに買取代金の3万円も返金することになり、何一つメリットがありません。

フォトキャッシュを利用しないとお金を用意できない状態にもかかわらず、余計に無駄な出費を増やすことになるのです。

したがって、フォトキャッシュを利用する場合は、絶対にキャンセルをしないことが確定してから査定に出すようにしましょう。

フォトキャッシュは働いていないと利用できない

2つ目の注意点は、フォトキャッシュは働いていないと利用できないことです。

金融ブラックの人でも利用できますが、申し込み時に勤務先の入力が必須です。

アルバイトや会社に所属していない個人事業主でも問題ありませんが、無職の人は使えないことを覚えておきましょう。

どうしても利用したい人は、家族や友人に代理で申し込んでもらうしかありません。

ただし、誰かに知られてしまうというデメリットがありますので、できるだけ仕事に就いておくことをおすすめします。

最近は、ウーバーイーツなどのフードデリバリーの仕事だとすぐに始められます。

配達員として登録完了するまで1週間もかかりません。

そういった仕事をやっておけば、問題なくフォトキャッシュを利用できます。

iPhoneの買取はi-Market(アイマーケット)で!

iPhoneの買取は、i-Market(アイマーケット)がおすすめです。

業界最高水準の買取価格で、即日現金化できるサービスは他にありません。

働いてさえいれば、金融ブラックの人でも利用できるフォトキャッシュは画期的と言えます。

分割払い中や画面割れ等があっても、高額で買取してもらえるのも嬉しいポイントです。

通常の業者やリサイクルショップでは数百円にしかならないジャンク品でも、数万円で買い取ってもらえる可能性があるのです。

これを利用しない手はないでしょう。

iPhoneであれば基本的に何でも買い取ってもらえます。

さらに、買取強化中の商品としてはiPhone11、iPhone11pro、iPhone12があります。

iPhone11は25,000円、iPhone11proは27,000円、iPhone12は30,000円が最低買取価格として設定されているため安心です。

i-Market(アイマーケット)を利用すれば、即日で現金を受け取り、緊急事態に対応できます。

i-Market(アイマーケット)公式サイトはこちらまで!